税務コラム|東京千代田区の資産相続対策のご相談は税務総合事務所へ

税務総合事務所

  • 0338635250
  • ご相談・お問い合わせ
  • 求人募集

税務コラム

年末調整に伴う扶養控除等申告書の変更点

年末が近づくにつれ、年末調整を行う時期も近付いてまいります。 年末調整を行うにあたり、従業員の方々に用意していただく書類に『給与所得者の扶養控除等(異動)申告書』があります。 文字通り、扶養の内容を記載していただく書類ではありますが、給与支給を受ける方は、主たる収入の所在を明らかにするための申告書であることから、扶養の有無にかかわらず、この申告書の提出を基本的には行う必要があります。 さて、この扶...
>> 続きはこちら

ダイレクト納付

平成29年1月4日から、一部国税の納付につきましてカード決済が可能となりましたが、 カード決済できる税目に毎月または半年ごとに納付する「源泉所得税」が対象外となっているので、お困りの方もいらっしゃるかと思います。 カード納付以外にも、ダイレクト納付・インターネットバンキングでの手続きがあり、それぞれ源泉所得税その他多様な税目に対応しています。 今回はダイレクト納付についての情報です。  ...
>> 続きはこちら

相続税法の改正について

1.国外財産に対する相続税等の納税義務の範囲の見直し 相続税及び贈与税の納税義務について見直しが行われました。 短期滞在の外国人(外国人駐在者)同士の相続等については、国外財産を課税対象にしないこととします。 租税回避を抑制するため、相続人等又は被相続人等が10年以内に国内に住所を有する日本人の場合は、国内及び国外双方の財産を課税対象とします。 上記改正は平成29年4月1日以降に相続若しくは遺贈...
>> 続きはこちら

設備投資減税の制度別概要

1.中小企業投資促進税制(措法42の6①) 中小企業における生産性向上等を図るため、中小企業者等が対象設備を取得や製作等をし、事業の用に供した場合に、特別償却又は税額控除が選択できる制度です。 なお、平成29年3月31日までは上乗せ措置(旧措法42の6②)があり、中小企業者等が生産性向上設備投資促進税制の要件を満たす設備を取得した場合は、即時償却又は7~10%の税額控除のいずれかを選択できます。 ...
>> 続きはこちら

配偶者控除と配偶者特別控除 2018年1月より改正...

<配偶者控除> 配偶者控除の額は以下の表のようになります。 合計所得金額が1, 000万円を超える納税者(申告をする本人) については、配偶者控除を受けることができなくなります。 <配偶者特別控除> 配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下に拡大されます。 控除額は以下の表のとおり。 なお、合計所得金額が1,000万円を超える納税者が配偶者特別控除を受けること...
>> 続きはこちら

ページトップへ戻る